耐震用品

耐震用品はその用途や効果によって色々ですが、転倒防止や破損防止のための用品が多いと思います。家具の転倒や家財の飛び出しは避けたいものです。耐震用品を適所に適切に備え付けておくことが大事になります。大きなカテゴリー分けをすると、家具の転倒防止用品(耐震マットや耐震ストッパー)、耐震用のマット、耐震金具など、天井から、または床からしっかり固定する、もしくは制振性のあるものを置く事で振動をセーブすることができるものを置く方法があります。それだけ被害が出てしまうのはやむをえないことではありますが、大きな地震があれば、被害を最小限にして最悪の事態は避けることができます。実際の地震では、建築基準法に則って建てられている建物では、家屋の倒壊までいくことはそう多くはなく、震度7までの揺れには耐えられるようになってはいます。でもそれは家屋の問題であり、その中身は、転倒や破壊でめちゃくちゃになっているようでは、逃げようとして一歩踏み出しただけでも怪我をします、すでに物が転倒した時点で怪我をしている可能性もあります。そのときに、完全な状態で部屋がキレイに残るのが良いですが、最低限の条件としては、ガラスや陶器などの飛散や大きな家具の転倒、そして水槽などの破壊で水浸しになるなど、怪我の原因になることです。またガラス飛散防止用品についてはガラス飛散防止フィルター、シートなどがあります。食器棚や他の扉付きの家具の中身の飛び出しが心配な場合は、耐震ラッチを備え付けることによって、扉に自動的にロックがかかるようにしたり、より安全性を高めるようにすることができます。その他で家財用具にとって大事な家電の保護の為の用品、耐震マット・ベルト・ストッパーやゴムやテープなどもあります。実際の地震が襲わないと、まさか転倒や物の落下というのは想像しにくいものがあるのですが、現実ではそういったことが数秒で起こってくるのです。

壁と家具を固定させるタイプのグッズと、家具の下におくマットタイプのグッズ、突っ張り棒、転倒防止グッズを組み合わせて使うことでより安定させることができるようです。組み合わせは壁と家具を固定させるタイプのグッズ/家具の下におくマットタイプのグッズ/家具と天井のあいだに置く突っ張り棒を組み合わせて使うことをオススメします。

キャスターが付いていると大地震が起きれば大きく動いてしまいます。食器棚には炊飯ジャーも乗っていて、周辺にホコリ・ゴミが溜まりやすいため、掃除のために移動できるようにしておきたいのですが地震にも備えましょう。

その他の箇所については、地震で倒れたり動いたりしても致命的ではないと判断するのであればそのままでいいと思います。なんでもかんでも対策をすればよいというものでもないと思います。まずは致命傷になる家具から順番に対策していくことが重要だと思います。